前へ
次へ

行政書士の試験と合格率

「行政書士」の試験は、毎年1回、11月の第2日曜日に実施されます。13時から16時の計3時間に渡り、行われます。試験科目は、「法令科目等」と「一般知識」から構成され、計8科目になります。法令科目からは46題、一般知識からは14題出題され、合格には6割の正答率が必要と言われています。試験の特徴としては、出題が広範囲にわたることです。合格発表は、例年1月にされ、各受験者に合否の結果が郵送されます。また、ホームページから確認することも出来ます。合格率は、例年8%から9%台です。この合格率からみると、行政書士の資格を得ることは、容易ではありません。晴れて合格後は、行政書士として活躍でき、様々な業務に携わることが出来ます。急速な社会変化が進む中、今後も必要とされる職業の1つであるのが「行政書士」なのです。

Page Top