前へ
次へ

行政書士の合格率の推移

難関資格の一つと言われる行政書士試験の合格率は、最近ではこのようになっています。H16年〜H20年ま

more

合格率の低い難試験の突破

行政書士の資格を取得したいと思い勉強をしている人、また、今後取得したいと思っている人は自分がどこまで

more

行政書士の合格率についてのこと

行政書士の合格率というのは、10%を切るということが多いです。合格率は決して高くはなく、試験内容も難

more

行政書士の業務と試験の合格率について

行政書士の業務はとても幅広く、権利義務や事実証明に関する書類代理作成と相談、契約関係の書類代理作成とその相談、中小企業の支援に関する書類代理作成と相談などがあります。これらの業務の中には関連業法で制限されているものもありますが、税理士や会計士など他の「士業」の資格を取得することでその制限をクリアできる業務もあります。行政書士の資格を取得するためには試験に合格する必要がありますが、その合格率には年度ごとにばらつきがあります。直近の3年間の合格率は平成25年度で10.10%、平成24年度で9.19%、平成23年度は8.05%と上昇傾向にありますが、ここ9年間の平均の合格率は約7.3%となっています。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren5set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

行政書士の業務 広範囲に渡る活動

「行政書士」の仕事は、「官公署に提出する書類や権利義務・事実証明に関する書類を作成すること」、「契約その他に関する書類を、代理人として作成すること」、「行政書士が書類に作成できる事柄に関する相談に応じる」等です。行政書士の業務は多岐に渡るので様々な場所へ訪問し、活動しています。例えば、「公証役場」での仕事があります。遺言業務や法人設立を取り扱う時に、公証役場を利用します。「法務局」でも、業務を行います。ここでは、登記簿謄本の取得等をおこない、代理人として申請し取得します。また、「入管管理局」で、ビザ更新や変更の手続きを行います。「市役所・役場」は、行政書士の仕事を行う上で、最も利用される場所と言えます。住民票や身分証明書、戸籍などの書類を、代理人として申請します。仕事内容は幅広く、様々な場所に足を運び、業務を行っているのです。

Page Top