前へ
次へ

合格率の低い難試験の突破

行政書士の資格を取得したいと思い勉強をしている人、また、今後取得したいと思っている人は自分がどこまで努力できるか、揺るぎない心で勉学にいそしむことができるのかということをはっきりと自問自答し、決断することが重要です。なぜならば、一般人が行政書士の試験に受験した場合の合格率はおよそ2%であると言われているからです。しかし、2%しかないからあきらめるべきというわけではありません。受かる人がいるんですから、努力次第であると私は思っています。しかし、国家試験の中でも難関であると言われている試験であるため、上記でも記載したように途中で挫折をしないよう、受けることを決定する前にしっかりと自分に決断を下してあげる必要があります。

Page Top