前へ
次へ

行政書士の合格率についてのこと

行政書士の合格率というのは、10%を切るということが多いです。合格率は決して高くはなく、試験内容も難化傾向にあります。一般知識などの科目もあり、幅広い知識を必要とする試験でもあります。10%を切るような試験に合格していこうと思ったら、しっかりとした勉強法が必要となってきます。行政書士試験は、独学でも合格できる試験であるといわれていますが、試験が難化してからは法律初学者が独学で合格していくのはなかなか難しくなってきています。市販のテキストは多く出版されていますし、独学のためのテキストもありますので、そのようなテキストなどを使っての合格も可能ではあるでしょう。しかし、理解できないところなどをどのようにして解消していくのかを、最初に考えておいた方がいいかもしれません。

Page Top